Finish designシリーズ aarikka

北欧テイストや北欧デザインと一言で括られることが多いですが、国ごとに少しずつテイストが違うんですよね。違いはおいおいお話するとして、私が大好きなフィンランドのブランドを少しずつ紹介していきたいと思います。

第1弾は、aarikkaをご紹介します。

aarikkaといえば、この羊で有名ですね。木でつくられた羊のオブジェ。Pässiシリーズ。

f:id:Chiedesigns:20210504181108p:plain

aarikka Online shopより

動物モチーフ物に目がなく、また丸いものに目がない、そして木の温かみが好きな私としては、aarikka の商品はツボにはまるものが多いです。

残念ながらこの羊は我が家にいませんが(羊を買うならここと決めてます)、フィンランのへ行くたびに少しずつ、そして現在の状況下ではOnline shopで購入し、フィンランドから商品を送ってもらったりして、少しずつ増えていっていaす。

 

フィンランドは自然享受権という権利があるように、※住民でも旅行者でも、居住者のいない広大な森や沼地を自由に散策し、きのこやベリーなどの食物を採集したりできます※自然を尊重し、いつも自然と共に暮らしてきているため、木などの自然素材、デザインも自然をベースにしたデザインが多いのが特徴です。

このaarikka の特徴は、木製の丸い球体が特徴で、ほっこりする感じの物が多いということ。そして、木にカラフルな色を使ったりしているところも特徴ですね。

 そんなaarikka の小物ですが、我が家にもいくつかあります。

f:id:Chiedesigns:20210505222537j:plain

キャンドルホルダーの丸いボールの部分は、サイズがほぼ同じだったので、元々の組み合わせではなく、入れ替えてみました。(元は本体とボールの色は同じです)

f:id:Chiedesigns:20210505222607j:plain

アクセサリーもボリューム感があって、なおかつ色がかわいいので、お気に入りです。

f:id:Chiedesigns:20210505222918j:plain

ダイニングのカウンターの端に、こんなコーナーを設けています。黒い木はマグネットになっていて、こちらもフィンランドに行ったとき、郊外の工芸村のようなところで購入した雑貨です。マグネットなのでメモなどを挟んだりできます。実用的です。

インテリア全体を変えるのは、なかなか大変だったりしますが、小さなスペースでも良いので、家の中にお気に入りの物を置くスペースがあると気分が上がりますよ。

 

ショップはヘルシンキの中心、エスプラナーディ通りに面した場所にあります。通りというか公園を挟んだ斜め前には、ゾウ柄のテキスタイルで有名なフィンレイソンのショップがあったなぁ~。なんて思い出してますが、今はなかなか行けない…というか行けませんので、Online shopでお買い物したりもします。

次に狙っているのは、サラダをサーブするスプーンとフォークのセット。

f:id:Chiedesigns:20210505224932j:plain

aarikka online shopより

あと、今バスケットに入れているのは、OceanBlueのキャンドルホルダーとグリーンの木のデコレーションとクリスマス用の木のテーブルデコレーションです。

 

問題は、前回アクセサリーなどを注文した際、結構な関税が掛かった記憶があり、今オーダーするか考え中です(;'∀')躊躇。

タイは税関職員が大量の荷物の中から無作為に選んで税金をかける荷物を選んでいますが、どうやら外国人宛の荷物はターゲットにされやすいようです。商用ではなく私物やプレゼントでも関税掛かります。

ということで、話が少しズレましたが、Finish designシリーズの第1弾aarikka編はこのあたりで。